家を建てる時期を十分考えよう!!

トップページ はじめに 売却ランキング 売却関連記事 大工の日記 お問い合わせ

 

  外壁 寒さで漆喰が剥がれてしまう!!


注文住宅

今年はずっと最初は暖かかったですよね!

しかし先週末から寒くなるといったら寒くなりすぎですよね!

気候がここ何年かおかしいです。

今年の冬も寒暖の差が激しいみたいですね。

私は現在関西でも北の方の現場に行っています。

太平洋よりも日本海の方が断然近い場所にあります。

だからこの現場と決まってから少し心配なことがありました。

それは昔にこのサイトにも記載した東北の極寒の地で経験したことが
少し気になっていたのです。

その内容とは接着材系のものが低温のため固まらないのです。

それと水道の水が凍ってしまい不便になることです。

心配していたことが当たりました。

お寺の本堂の解体修理で柱の根継ぎをしてその下の柱石の下にモルタル
入れて固めるという作業がありました。

私はこのことだけではなく全ての仕事で使うボンド系のものが
どれぐらいの温度まで使えるかということを正確に知りたかったので
事前に株式会社コニシ製作所に連絡を取って実際に商品について
お聞きしました。

そうしたらやはり思っていたとおり温度がマイナスになると
全ての商品は接着しないとのことです。

少し前に木工ボンドを使用したのですが、2日たっても白い状態で
とうふみたいになったままでした。そのこともお伝えすると、
木工ボンドだけはそうなってしまうともとには戻らず
豆腐上になったままになるみたいです。

しかし他の商品は絶対にマイナスの温度では接着効果はないですが、
温度が4〜5度にもどったら接着しだすらしいです。

そう復帰するのです。

しかし使用はしないでください。との事です。

注文住宅

そういうことを聞いていたので柱石の下のモルタルは暖かい日まで
待って作業しました。

そうこうしていると既存の外部の漆喰壁の表面の漆喰だけ塗り替えと
言うことで、左官屋さんが入ってきました。

その左官屋さんと話をしていると
私は土壁もモルタルなどと一緒で以前東北に冬場に行っていた現場では
こちら関西で荒壁を塗った一つの壁を壁ごと、
壁が東北では乾かないから運んだ事があったので左官屋さんに
聞いてみました。

「漆喰を新規で塗ると思うけれど低温でも問題ないの?」
そしたら左官屋さんは5度は温度がなかったら駄目だ!
と返事がかえってきました。

昔に工期のない現場で凍てた日だったけれど日にちがないので
無理をして中塗りをしてそのあと漆喰で仕上げたけれど
暖かくなったら全部壁が浮いてしまって全部やりかえたらしいです。

そう漆喰も一緒でのりは温度が低いと使えないのです。

だから皆さん私がお伝えしたいことは
昔は家を建てる時はちゃんと時期を考えて建てたものなんです。

私がいいと思う時期は9月から11月ごろに建てるのが一番です。

木もその時期に切るのが一番いいんですよ!

土壁もそうなんです!

その時期が無理でしたら3月から5月までですかね!

できるのでしたらこの時期に家を建てれるように事前に計画してくださいね!

同じ金額をかけて同じものを建てるのでした。

持ちがかわってきます。間違いなく!!

注文住宅

売却




 

  おすすめ関連ページ

外壁
外壁構造上外断熱はどうなの?

現代の一般住宅はなんせ気密性を重要視する!! その中でも内断熱と外断熱がある。 今回私が関わっている建物は外断熱仕様のものです。 大工としては外断熱は仕事が取りあえずやりにくいですね! それといろいろと決まりが悪いですね!


外壁
外壁の欠陥断熱材が入っていない!!

こんな話が本当にあるのかなーという話を 今回はお伝えします! 友達からの電話で慌てて駆けつけました。 この家はハウスメーカーに5年前に建てて 今回50インチのテレビを購入をしたので


外壁
壁から雨漏りがやってくる

最近家を建てるという時に外壁の種類を選ぶとしたら サイディングかガルバニュウムではないでしょうか? 昔のように土壁を選ぶ方はかなり少ないと思います。 最近だと珪藻土などをされる方もいますね!


注文住宅
外壁に焼杉と漆喰は良いの?

実はこの外壁で「焼杉」と「漆喰」は私が自分の家を建てるとしたらこの形です!! この間友人が注文住宅でこの形で実際に建てました。 私は周りのいろいろな事でこの形は叶いませんでしたが! 何がそんなにいいのかという事ですよね!


外壁
怖い結露!!

ここでは良く問題になる「結露」について詳しく見ていきましょう!!
皆さんなぜ「結露」が発生するかご存知ですか?
空気の中の水蒸気が温度差によって水にかわって起こる現象なんですよ!
ご存知の方もおられると思うのですが、
家の中で現代さまざまな状況で結露が発生し、カビやダニなどが知らない間に




 

  人気記事TOP10

注文住宅
将来性を考えるなら木造軸組み工法で決まり!!

実際に私の家もこの木造軸組み工法で建てました。 その一番の理由は将来自由に改造がしやすいからです。 特に私は大工だから全て自分で後からなんとでもなるなという考えがあったのも
正直なところかな! 最近2つ上の先輩が職業は洗い屋さんですけれど


注文住宅
建売はお勧めできない!!

ここでは慌てて建売を購入するとあとで必ず後悔すると思うのでその理由を 私の意見としてお伝えします。 皆さん建売のイメージとしてはもう実際に建っているのでイメージしなくても 価格も安いし資金のことを考えるとこれぐらいで妥協しないと仕様がない


注文住宅
外壁に焼杉と漆喰は良いの?

実はこの外壁で「焼杉」と「漆喰」は私が自分の家を建てるとしたらこの形です!! この間友人が注文住宅でこの形で実際に建てました。 私は周りのいろいろな事でこの形は叶いませんでしたが! 何がそんなにいいのかという事ですよね!


注文住宅
基礎の欠陥気付かない床下の恐怖!!

この話は私のところによく出入りしている土木さんに聞いた怖い話です。 家を建てる際に基礎をする時に掘削といって土を掘り起こす作業をします。 その時にでた土は建物が建つまわりにいったん置かれます。 そのあと基礎の作業をしていくのですが、


注文住宅
伝統構法を見直そう!!

ここでは私がこれから注文住宅で専門の建築家に依頼をしてご自身のお家を購入 しようと思っている方に、経済的に余裕あって今から紹介する私の話を聞いて うなずける方は是非日本本来の建築技術を駆使した「伝統構法」でお家を 建設されませんか?ということで私の勝手な希望を書いちゃいますね!


注文住宅
カーポートは法廷違反?

少し前に私の友人が念願の我が家を購入しました。 注文住宅だったのですが、いつも仲良くさせていただいているので 設計段階ではいろいろ私と話合いもしました。 軸組み工法で建てました。 本人たちは今風の建物を当初は希望していましたが、


注文住宅
陸屋根は危険!!

最近近所の住宅地に家が建ちだしたのですが、その殆どが2階部分にベランダや 中央に中庭があったり、陸屋根の部分を設けています。 最近の流行だと思うのですが、私からみればかなり危険な家です。 大工さんだと絶対にこういう家には住まないと思いますね。


不動産
明かりとりにはガラス瓦がおすすめ!!

お客さんの依頼でよく場所によって一番大事なリビング・ダイニングが 暗くなってしまったり、キッチンが暗くなったりということはよくあります。 私も仕事で廻りが建物で囲まれていたりした時には いくらいい部屋ができたとしても、やっぱり日当たりがいいというのが いい部屋の条件ではないでしょうか? 特にみんなが集う部屋はそうありたいものですね!


屋根
まさかガルバリウムの屋根で雨漏り

この話は名前はあげれませんが、大手ハウスメーカーが建てた ガルバリウム鋼板の屋根から1年もせずに雨漏りが発生した 話をお伝えします。 最近ここ何年かの間に急激に普及してきているガルバリウム鋼板 屋根や外壁の材料としてよく使用されてきています。


注文住宅
モデルルームを購入する時の注意するところ

皆さん家を購入する際いろいろモデルルームへでかけませんか? 私も4年前に家を購入したのですが、その前近所のモデルルームは休みの たびに見学にいっていました。 いろいろなものがあって見学していて楽しかったですね! いろいろまわっていて思ったのですが、モデルルームは基本的に



次のページは「漆喰」

注文住宅


カテゴリー

欠陥事例(13)
不動産(2)
土地関連(4)
基礎関連(7)
屋根関連(8)
外壁関連(6)
雨漏り(5)
家の建て方(2)
家の購入(8)
家の売却(3)
土地の活用(2)
内壁(1)
コラム(10)
その他(3)

メニュー

トップページ
プロフィール
はじめに
お問い合わせ
売却ランキング
購入一括査定
土地活用査定
大工の日記
土地の知識
地盤調査の種類
地盤改良の種類
基礎の種類
家の建て方
屋根の形
屋根材の種類
外壁の種類
基礎の欠陥
屋根の欠陥
外壁の欠陥
動画の館




                                                                              


Copyright © 2015 大工が教える不動産の選び方と失敗しない家作り All rights reserved.
by kazun