家と道路の関係

トップページ はじめに 売却ランキング 売却関連記事 大工の日記 お問い合わせ

 

 家と道路の関係


注文住宅

<接道義務>
本来建築基準法でいうと道路は公道、私道関係なく幅4メートル以上となります。
敷地が幅4メートル以上の道路に最低2メートル以上接していなければ
建物を建築することはできません。
このことを接道義務といいます。
路地状部分は私道ではなく、敷地の一部とされ、敷地面積に含みます。


<道路幅4メートル未満の場合>
一方前面道路の幅が4メートル未満の場合はその道路の中心より
2メートル離したところを道路との境界線となります。
この際後退した部分は道路の一部となり敷地ないでも
建物を建てることはできません。
よって敷地面積に入らず建ぺい率や容積率からも除外となります。

注文住宅

<対面が河川・がけ等の場合>
通常前面道路が幅4メートル未満の場合は上左の図のように道路の中心線より
2メートル建物を控えなければならないのですが、
上右の図のように河川やがけ等が道路の向かいにある場合は
その境界より4メートル控えたところから建物を建築しなければなりません。
要するに緊急車両などが行き来するスペースを確保したいというのが
趣旨になりますね!

注文住宅

<開発地6メートル以上規制>
次に皆さん新たにに設けた住宅地に関していわゆる開発地というものですね!
開発地に関しては道幅を6メートル以上設けるようになっています。
その理由は、4メートル道路の角地を車両が曲がるには問題があるからです。
特に、火災時や急患時に消防自動車や救急車が1回で曲がれず、
切り返ししなければならないなどの問題があるからです。

<角切り>
4メートル未満の道路の場合は、一般的には道路の中心から
2メートル幅までセットバックすることになりますが、
4メートル道路同士の角地の場合は角切りといって、
角からそれぞれ2メートルのところまででできる
二等辺三角形分を道路に提供することになるのです。

建て替えの場合は、角切りしなければ建築確認申請を受け付けてくれません。
ただ、この敷地は角地ですから、担当の特定行政庁に確認したところ、
建ぺい率が緩和され、プラス10パーセントつまり、この周辺の建ぺい率
40パーセントであれば50パーセントとなりますので、その分余裕ができます。

注文住宅

<袋小路>
道路幅員の問題としては、もう一つ、袋小路の問題があります。
仮に4メートル幅員の袋小路の場合、入り込んだ車は、バックしなければ戻れません。
このことは単に不便さだけでなく、火災などの時などにも問題があるとして、
一般的には規制があります。

4メートル幅員の袋小路の場合で、
奥行きは35メートル以下と定めています。
右は一番奥に半径6メートルの車が回転できる円状のスペースを設けた場合で、
仮に奥行きが70メートルあると、35メートルごとに
同じようなスペースを取る規制になっています。
この回転広場については、円のほかにも認められる形と寸法があります。



注文住宅

売却

全国1200社以上の優良不動産会社の査定が最大で6社の一括査定で
最高額が入力わずか60秒でわかる!!
単独で依頼した場合だと500万の差が出たこともあります。

売却   イエウール

注文住宅


注文住宅
注文住宅

入力たった2分で約1000社のハウスメーカー・工務店
選ぶことができるので依頼先の検討には大変便利です。
各社から届いた資料を比較して自分にピッタリな施工業者を選びましょう!

注文住宅   持ち家計画

注文住宅


注文住宅

注文住宅

入力たった1分であなたの土地を駐車場にするのが良いのか、
賃貸物件にするべきかいろいろな方法の中から最適なプランを
無料一括のお問い合わせで比較検討できます。

注文住宅   スマイスター土地活用

注文住宅


 

  おすすめ関連ページ

注文住宅
注文住宅カーポートは法廷違反?

少し前に私の友人が念願の我が家を購入しました。 注文住宅だったのですが、いつも仲良くさせていただいているので 設計段階ではいろいろ私と話合いもしました。 軸組み工法で建てました。 本人たちは今風の建物を当初は希望していましたが、

注文住宅
家と道路の関係!!

私の10年来の友人がずっと家族3人ハイツ暮らしだったのですが、 父親の他界で母が一人になってしまうので同居することになりました。 友人が育った家なのですが、 家族で相談した結果大手ハウスメーカーに育った家の現況と リホームに掛かる費用とを依頼するようにしたみたいです。 昔の町の中にある和風の家で築50年になります。


不動産
家の建て替えで防火地域になっていた!!

ここではよくある古くなった家を建て替えようとなった時のトラブルの例 をお伝えします。 昭和の時代に建てられたものがソロソロ建て替えの時期になってきています。 しかし建築法の改善によってその当時建てられたものには適さないものが ほとんどです。 私の身内も家の建て替えの際に道路制限によって現在では家を建てることが


注文住宅
古い家建て替えでお家がなくなる!!

今回の話は私のおじさんのお家が築70年になるのでもうそろそろ 建て替えようとした時のことです。 私の家に連絡が入り困ったことになってしまったとの事で その内容とは家を建て替えようとしても今の場所には 建物が建てられないと不動産屋さんに言われたらしいです。 私はその連絡が入った時にああそうだったとわかったのですが


不動産
折角の角地が敷地が狭くなる!!

今回紹介する話は現代昭和の時代に建てた家がそろそろ建て替えになっている 現状で起こっているかなり悲惨なお話をお伝えします。 皆さんもまわりでたまに耳にすると思うのですが、 昭和の時代に建てた家を建て替えたときにセットバックして 建物が狭くなったという話を聞いたことがあると思います。 実際今こういう状況の方もいると思うのです。




 

  人気記事TOP10

注文住宅
将来性を考えるなら木造軸組み工法で決まり!!

実際に私の家もこの木造軸組み工法で建てました。 その一番の理由は将来自由に改造がしやすいからです。 特に私は大工だから全て自分で後からなんとでもなるなという考えがあったのも
正直なところかな! 最近2つ上の先輩が職業は洗い屋さんですけれど


注文住宅
建売はお勧めできない!!

ここでは慌てて建売を購入するとあとで必ず後悔すると思うのでその理由を 私の意見としてお伝えします。 皆さん建売のイメージとしてはもう実際に建っているのでイメージしなくても 価格も安いし資金のことを考えるとこれぐらいで妥協しないと仕様がない


注文住宅
外壁に焼杉と漆喰は良いの?

実はこの外壁で「焼杉」と「漆喰」は私が自分の家を建てるとしたらこの形です!! この間友人が注文住宅でこの形で実際に建てました。 私は周りのいろいろな事でこの形は叶いませんでしたが! 何がそんなにいいのかという事ですよね!


注文住宅
基礎の欠陥気付かない床下の恐怖!!

この話は私のところによく出入りしている土木さんに聞いた怖い話です。 家を建てる際に基礎をする時に掘削といって土を掘り起こす作業をします。 その時にでた土は建物が建つまわりにいったん置かれます。 そのあと基礎の作業をしていくのですが、


注文住宅
伝統構法を見直そう!!

ここでは私がこれから注文住宅で専門の建築家に依頼をしてご自身のお家を購入 しようと思っている方に、経済的に余裕あって今から紹介する私の話を聞いて うなずける方は是非日本本来の建築技術を駆使した「伝統構法」でお家を 建設されませんか?ということで私の勝手な希望を書いちゃいますね!


注文住宅
カーポートは法廷違反?

少し前に私の友人が念願の我が家を購入しました。 注文住宅だったのですが、いつも仲良くさせていただいているので 設計段階ではいろいろ私と話合いもしました。 軸組み工法で建てました。 本人たちは今風の建物を当初は希望していましたが、


注文住宅
陸屋根は危険!!

最近近所の住宅地に家が建ちだしたのですが、その殆どが2階部分にベランダや 中央に中庭があったり、陸屋根の部分を設けています。 最近の流行だと思うのですが、私からみればかなり危険な家です。 大工さんだと絶対にこういう家には住まないと思いますね。


不動産
明かりとりにはガラス瓦がおすすめ!!

お客さんの依頼でよく場所によって一番大事なリビング・ダイニングが 暗くなってしまったり、キッチンが暗くなったりということはよくあります。 私も仕事で廻りが建物で囲まれていたりした時には いくらいい部屋ができたとしても、やっぱり日当たりがいいというのが いい部屋の条件ではないでしょうか? 特にみんなが集う部屋はそうありたいものですね!


屋根
まさかガルバリウムの屋根で雨漏り

この話は名前はあげれませんが、大手ハウスメーカーが建てた ガルバリウム鋼板の屋根から1年もせずに雨漏りが発生した 話をお伝えします。 最近ここ何年かの間に急激に普及してきているガルバリウム鋼板 屋根や外壁の材料としてよく使用されてきています。


注文住宅
モデルルームを購入する時の注意するところ

皆さん家を購入する際いろいろモデルルームへでかけませんか? 私も4年前に家を購入したのですが、その前近所のモデルルームは休みの たびに見学にいっていました。 いろいろなものがあって見学していて楽しかったですね! いろいろまわっていて思ったのですが、モデルルームは基本的に



次のページは「防火地域と準防火地域」について詳しくお伝えします。



カテゴリー

欠陥事例(13)
不動産(2)
土地関連(4)
基礎関連(7)
屋根関連(8)
外壁関連(6)
雨漏り(5)
家の建て方(2)
家の購入(8)
家の売却(3)
土地の活用(2)
内壁(1)
コラム(10)
その他(3)

メニュー

トップページ
プロフィール
はじめに
お問い合わせ
売却ランキング
購入一括査定
土地活用査定
大工の日記
土地の知識
地盤調査の種類
地盤改良の種類
基礎の種類
家の建て方
屋根の形
屋根材の種類
外壁の種類
基礎の欠陥
屋根の欠陥
外壁の欠陥
動画の館




                                                                              




Copyright © 2015 大工が教える不動産の選び方と失敗しない家作り All rights reserved.
by kazun