私の経歴

トップページ はじめに 売却ランキング 大工の日記 プロフィール お問い合わせ

 

  私の経歴

私はずっと建築業界でやってきています。

18の頃まず最初に就職したのは、マンションなどの鉄筋コンクリートの建物をたてる
型枠大工の請負をしていました。

最初は幼なじみの先輩の紹介で、連絡をしたその日に採用が決まりました。

26歳の親方に弟子入りしました。

最初に言われたのは、1年間とりあえず体をつくらなあかんから、
1年間は道具を持たさんから!ずっと材料運び!から始まり、

一番びっくりしたのが、
初めての給料日の時、基本的に給料は手渡しが鉄則で

幼なじみの先輩の給料袋を見てびっくり!!
封筒がはち切れるほど入っていて、思わず、スゴッ!!

そしたら親方からお前も3年我慢して頑張ったら
同じぐらい稼げるようになるわ!

その言葉を励みに頑張って本当にそれぐらいもらってました。
(今でもその当時の給料が私の最高額です。)

その後、高層マンション、病院、学校の校舎、体育館、有名な先生作のオブジェ
いろいろ経験させて貰いました。
(親方には未だに頭があがりません。)

そのあと27才のときに独立をしたくて
高校の友人と建築会社を設立しますが 、

お金でもめて2年で終わってしまったのですが、
その時に少し造幣局の社宅のリホームとか

公団のリホームとか少し大工さんをかじって
私の大工に対しての小さいころからの暖めていた魂の火がついに

ついて、親父の親友の日本でも有名な日研設計の先生に紹介してもらい
京都に修行にでます。

その時私の給料が約40万もらっていたのが、その京都の社寺建築の社長からの条件が
日当5500円でよかったらきてもらってもいい!でした。

でも私はなんの迷いもなく故郷を離れました。

そのおかげで日本でも有名な
八坂神社の改修工事や東本願寺御影堂の改修工事、あとも
有名どころばかりに携わらせて頂きました。

この会社で7年いたのですが、
全国北は北海道南は鹿児島まで行きました。

大工としても間違いなく最高峰で仕事の内容も最高峰で職人も最高峰でした。

その後結婚をきっかけで嫁の方の実家に引越ししそこで現在社寺建築の会社に就職して
お寺や神社、古民家や一般住宅幅広くやっています。

(鎌倉〜平成)の建物に関わって います。

いとこの板金屋をやっている子に聞かれたのですが、
「もう一人前になった?」一人前?

「そんなの一生無理!!」て答えました。
一生勉強あるのみですね!!





カテゴリー

欠陥事例(13)
不動産(2)
土地関連(4)
基礎関連(7)
屋根関連(8)
外壁関連(6)
雨漏り(5)
家の建て方(2)
家の購入(8)
家の売却(3)
土地の活用(2)
内壁(1)
コラム(10)
その他(3)

メニュー

トップページ
プロフィール
はじめに
お問い合わせ
売却ランキング
購入一括査定
土地活用査定
大工の日記
土地の知識
地盤調査の種類
地盤改良の種類
基礎の種類
家の建て方
屋根の形
屋根材の種類
外壁の種類
基礎の欠陥
屋根の欠陥
外壁の欠陥
動画の館




Copyright © 2015 大工が教える不動産の選び方と失敗しない家作り All rights reserved.
by kazun