注文住宅 陸屋根は危険!!

トップページ はじめに 売却ランキング 売却関連記事 大工の日記 お問い合わせ

 

 注文住宅 陸屋根は危険!!


注文住宅

最近近所の住宅地に家が建ちだしたのですが、その殆どが2階部分にベランダや
中央に中庭があったり、陸屋根の部分を設けています。

最近の流行だと思うのですが、私からみればかなり危険な家です。

大工さんだと絶対にこういう家には住まないと思いますね。

わざわざ爆弾を抱える必要はないからです!

まあこういうデザイン住宅というのでしょうか

私たち大工が家を建てる際にまず気をつけることは雨仕舞いです。

絶対に雨だけはもらしたらだめだという考えは職人だと誰でもあります。

特に屋根屋さんなんかは本家本元ですからもちろんですよ!

どういう理由で陸屋根を勧めているのかわかりませんが、
目先の事だけしか考えていないのではと思うしかないですよ!

だいたい私たちは家を建てる際屋根に関して言えば
出来るだけ谷のない家を目指します。

それはなぜかといいますと、雨漏りの原因になるからです。

間違いなく今まで私が雨漏りの修繕にいった中で
谷部分からの雨漏りが一番多かったです。

しかしその谷はいろいろな原因で仕方なく谷を作らなくてはならない
状況のものが殆どです。

しかし今回の近所の住宅の陸屋根は決してそういうことではないので、
私としては首を傾げるばかりです。

注文住宅

陸屋根はかなりの確立で雨漏りをします。すぐではないですよ!

新築のうちはいいです。

もちろん防水処理が完璧にされていたらの話ですよ!

一つでも問題があれば直ぐにでも雨漏りをします。

それぐらいリスクがあるという状態なんですよ。

だいたい木造の場合シート防水です。

シート防水だと継ぎ手のところのコーキングの防水効果が無くなったら
そこから雨漏りします。5〜7年ぐらいが寿命です。

それて陸屋根の場合屋根がないので壁に雨が直接当たり続けるのです。

そうしたら結構壁からの雨漏りの確立も高いです。

それと陸屋根から壁の立ち上がりが少ないとそれも原因になります。

要するに原因を作る場所が多くリスクが高すぎる構造なのです。

そういう事を何も知らず使い勝手ばかりに目を向けているとこういう事は
わからないですよね。多分一般の方はわからないと思います。

家を買って少ししたらまたメンテナンスでお金が掛かる!!

それも雨漏りをしてから気が付いた時に修繕となると天井裏から天井から
壁から下手をすれば床まで、膨大な資金がいるというわけです。

そこまでのリスクを負って選ぶものでないと思います。

皆さんにこういう事が無いように、まず専門の建築家さんに相談して
屋根のことも自分たちの希望にあったリスクのない屋根の形状も

アドバイスして頂いきながら勧めて行く事が将来の事も含めてすごく
大事だと思いますよ!

私がお勧めするサービスがあります。

「建築家オウチーノ」です。

各専門の建築家さんが常時スタンバイしていただいているので
あなたの希望を踏まえて将来の事はもちろんくわしくアドバイスして頂けます。

無料で相談可能なので一度試してみてください。

その方が間違いなくいいですよ!


注文住宅

売却




 

  人気記事TOP10

注文住宅
将来性を考えるなら木造軸組み工法で決まり!!

実際に私の家もこの木造軸組み工法で建てました。 その一番の理由は将来自由に改造がしやすいからです。 特に私は大工だから全て自分で後からなんとでもなるなという考えがあったのも
正直なところかな! 最近2つ上の先輩が職業は洗い屋さんですけれど


注文住宅
建売はお勧めできない!!

ここでは慌てて建売を購入するとあとで必ず後悔すると思うのでその理由を 私の意見としてお伝えします。 皆さん建売のイメージとしてはもう実際に建っているのでイメージしなくても 価格も安いし資金のことを考えるとこれぐらいで妥協しないと仕様がない


注文住宅
外壁に焼杉と漆喰は良いの?

実はこの外壁で「焼杉」と「漆喰」は私が自分の家を建てるとしたらこの形です!! この間友人が注文住宅でこの形で実際に建てました。 私は周りのいろいろな事でこの形は叶いませんでしたが! 何がそんなにいいのかという事ですよね!


注文住宅
基礎の欠陥気付かない床下の恐怖!!

この話は私のところによく出入りしている土木さんに聞いた怖い話です。 家を建てる際に基礎をする時に掘削といって土を掘り起こす作業をします。 その時にでた土は建物が建つまわりにいったん置かれます。 そのあと基礎の作業をしていくのですが、


注文住宅
伝統構法を見直そう!!

ここでは私がこれから注文住宅で専門の建築家に依頼をしてご自身のお家を購入 しようと思っている方に、経済的に余裕あって今から紹介する私の話を聞いて うなずける方は是非日本本来の建築技術を駆使した「伝統構法」でお家を 建設されませんか?ということで私の勝手な希望を書いちゃいますね!


注文住宅
カーポートは法廷違反?

少し前に私の友人が念願の我が家を購入しました。 注文住宅だったのですが、いつも仲良くさせていただいているので 設計段階ではいろいろ私と話合いもしました。 軸組み工法で建てました。 本人たちは今風の建物を当初は希望していましたが、


注文住宅
陸屋根は危険!!

最近近所の住宅地に家が建ちだしたのですが、その殆どが2階部分にベランダや 中央に中庭があったり、陸屋根の部分を設けています。 最近の流行だと思うのですが、私からみればかなり危険な家です。 大工さんだと絶対にこういう家には住まないと思いますね。


不動産
明かりとりにはガラス瓦がおすすめ!!

お客さんの依頼でよく場所によって一番大事なリビング・ダイニングが 暗くなってしまったり、キッチンが暗くなったりということはよくあります。 私も仕事で廻りが建物で囲まれていたりした時には いくらいい部屋ができたとしても、やっぱり日当たりがいいというのが いい部屋の条件ではないでしょうか? 特にみんなが集う部屋はそうありたいものですね!


屋根
まさかガルバリウムの屋根で雨漏り

この話は名前はあげれませんが、大手ハウスメーカーが建てた ガルバリウム鋼板の屋根から1年もせずに雨漏りが発生した 話をお伝えします。 最近ここ何年かの間に急激に普及してきているガルバリウム鋼板 屋根や外壁の材料としてよく使用されてきています。


注文住宅
モデルルームを購入する時の注意するところ

皆さん家を購入する際いろいろモデルルームへでかけませんか? 私も4年前に家を購入したのですが、その前近所のモデルルームは休みの たびに見学にいっていました。 いろいろなものがあって見学していて楽しかったですね! いろいろまわっていて思ったのですが、モデルルームは基本的に



次のページは「屋根材の種類」

注文住宅


カテゴリー

欠陥事例(13)
不動産(2)
土地関連(4)
基礎関連(7)
屋根関連(8)
外壁関連(6)
雨漏り(5)
家の建て方(2)
家の購入(8)
家の売却(3)
土地の活用(2)
内壁(1)
コラム(10)
その他(3)

メニュー

トップページ
プロフィール
はじめに
お問い合わせ
売却ランキング
購入一括査定
土地活用査定
大工の日記
土地の知識
地盤調査の種類
地盤改良の種類
基礎の種類
家の建て方
屋根の形
屋根材の種類
外壁の種類
基礎の欠陥
屋根の欠陥
外壁の欠陥
動画の館




                                                                              


Copyright © 2015 大工が教える不動産の選び方と失敗しない家作り All rights reserved.
by kazun