慌てて建売を買わないように!! 

トップページ はじめに 売却ランキング 売却関連記事 大工の日記 お問い合わせ

 

  建売はお勧めできない!!


不動産

ここでは慌てて建売を購入するとあとで必ず後悔すると思うのでその理由を
私の意見としてお伝えします。

皆さん建売のイメージとしてはもう実際に建っているのでイメージしなくても
価格も安いし資金のことを考えるとこれぐらいで妥協しないと仕様がない
見たいな感覚で購入されるのですかね!(勝手にイメージしてますが!!)

まあとりえず実際に見学できるし価格も安く購入できる点はメリットだと
思います。

しかしです、建売は何件かまとめてだいたいは建てられます。

その時の大工さんと工務店との請負の形が注文してから建てる家と全く違うことは
皆さんご存知ですか?

とりあえず建売の場合は1件いくらで大工さんは請負ます。

だから例えば1件200万で請け負ったら100日で仕事を終えたら
1日2万円ですね!だから大工としては何よりも早くやってしまったら
それだけ儲けが出るわけです。人間の心理としてどうしてもできるだけ早くと
いうことが先になり仕事がどうしても粗くなりますよね!

だから一度建売を見学にいってみなさんはどこを見るかです?

私たち大工は間取りや収納他もろもろ主婦の方でしたらいろいろ遣い勝手もみると
思いますが、みるところがどうしても仕事が丁寧かをみてしまいます。

だから私たちがいつも他のモデルルームなんかでも一見豪華にみえるのですが、
そこを仕事した大工さんの仕事のグレードをみます。

でも素人でも意識すればわかりますよ!

とりあえずいい仕事をしているものでしたら隅の仕事をみてください。

足元の幅木の部屋の四隅の角が隙間なく仕事ができているのか?

壁、天井のクロス継ぎ手はわからないぐらいきっちり張られているか?

壁に顔を沿わしてクロスの断面をみてムラがないか?

それとこれでだいたいそこをした大工さんのレベルがわかるところは
物入れの中や収納スペースなどの見えないところの仕事がきっちりされているか?

不動産

私が以前ハウスメーカーのモデルハウスに見学に行ったときに
間取りの取り方収納スペースの取り方なんかは見事でした。

嫁とも感心していたのですが、その時階段下収納の扉を開けて中を除き込んだら
嫁は広くてよく考えているねって関心していましたけれど
やっぱりそこら辺でみるところが職業病でちがうんですね、
壁をじっとみてとおりがたがたでもう見れたものではなかったです。

そのあと嫁にそのことを伝えたら再度扉を開けほんまやわ!と驚いていました。

だから本当にそのくらいのことをして見学しないと後々自分がその家に
多額の金額を払っていかなくてはならないのですよ!

でもこんな感じなんで建売で仕事をきっちりやっていることはないと思いますよ!

見えるところでモデルハウスでそのレベルですよ!

建売を購入するのでしたらその建物を建てている時に横でずっとみていて
納得して購入するくらいの覚悟があるのでしたら私も何もいいません。

幾らでもお金があれば建売は購入しないと思うので!

皆さんそれぞれ購入資金というのは限られているのですから
その範囲で建売しか購入できないということもあるとは思うのですが、

私はそういう状況の中で建てられているものですよ!

とわかってもらいたいですね!

まあ建売を購入するのでしたら、私だったら中古物件で良質なものを選択しますね!

あくまでも私の見解なので、今回はこのことをお伝えしたかったので、
皆さんが一生住まわれるお家なので焦らずじっくりまずはある程度の知識を
得て一つ一つ決めて行かないと落とし穴はたくさんあると思います。

自我自賛じゃないですが、私のこのサイトをしっかり読んで頂いて
お家購入を考えて頂いたらかなり失敗することはなくなると思います。

それぐらいの内容ですし、もっとそうしていこうと思います。
(それぐらいの気持ちで作成しているとご理解ください。)



 

  おすすめ関連ページ

不動産
家を建てる時期を考えよう

この間今期最大の寒気団がやってきました。 ここ関西でも日中でマイナス2度でした。 しかし子供は元気です。 寒いのは関係なく外へ遊びにいこうよ! ということで近くの公園まで行くことになりました。 その公園に行く道中に住宅地がありこの休みの寒い日も 関係なく建設中の家では外部のサイディングの作業をしている職人さんの


注文住宅
モデルルームを購入する時の注意するところ

皆さん家を購入する際いろいろモデルルームへでかけませんか? 私も4年前に家を購入したのですが、その前近所のモデルルームは休みの たびに見学にいっていました。 いろいろなものがあって見学していて楽しかったですね! いろいろまわっていて思ったのですが、モデルルームは基本的に


注文住宅
建売はお勧めできない

ここでは慌てて建売を購入するとあとで必ず後悔すると思うのでその理由を 私の意見としてお伝えします。 皆さん建売のイメージとしてはもう実際に建っているのでイメージしなくても 価格も安いし資金のことを考えるとこれぐらいで妥協しないと仕様がない


注文住宅
ハウスメーカーに決まり

この間子供たちと家の近所を散歩していると、少し離れたところが ハウスメーカーの分譲地になっていて年末までに外部をサッシまでは つけてしまわないと、ぐらいの勢いで職人さんたちが休みものなく お仕事されてました


不動産
家を購入するならまずは不動産選びから

家を購入する際まずは住む場所になる土地を先にきめなきゃ!! なんて考えがちですよね!? そこには大きな落し穴がありますよ! 土地と家を別で考えてしまっていますね。



 

  人気記事TOP10

注文住宅
将来性を考えるなら木造軸組み工法で決まり!!

実際に私の家もこの木造軸組み工法で建てました。 その一番の理由は将来自由に改造がしやすいからです。 特に私は大工だから全て自分で後からなんとでもなるなという考えがあったのも
正直なところかな! 最近2つ上の先輩が職業は洗い屋さんですけれど


注文住宅
建売はお勧めできない!!

ここでは慌てて建売を購入するとあとで必ず後悔すると思うのでその理由を 私の意見としてお伝えします。 皆さん建売のイメージとしてはもう実際に建っているのでイメージしなくても 価格も安いし資金のことを考えるとこれぐらいで妥協しないと仕様がない


注文住宅
外壁に焼杉と漆喰は良いの?

実はこの外壁で「焼杉」と「漆喰」は私が自分の家を建てるとしたらこの形です!! この間友人が注文住宅でこの形で実際に建てました。 私は周りのいろいろな事でこの形は叶いませんでしたが! 何がそんなにいいのかという事ですよね!


注文住宅
基礎の欠陥気付かない床下の恐怖!!

この話は私のところによく出入りしている土木さんに聞いた怖い話です。 家を建てる際に基礎をする時に掘削といって土を掘り起こす作業をします。 その時にでた土は建物が建つまわりにいったん置かれます。 そのあと基礎の作業をしていくのですが、


注文住宅
伝統構法を見直そう!!

ここでは私がこれから注文住宅で専門の建築家に依頼をしてご自身のお家を購入 しようと思っている方に、経済的に余裕あって今から紹介する私の話を聞いて うなずける方は是非日本本来の建築技術を駆使した「伝統構法」でお家を 建設されませんか?ということで私の勝手な希望を書いちゃいますね!


注文住宅
カーポートは法廷違反?

少し前に私の友人が念願の我が家を購入しました。 注文住宅だったのですが、いつも仲良くさせていただいているので 設計段階ではいろいろ私と話合いもしました。 軸組み工法で建てました。 本人たちは今風の建物を当初は希望していましたが、


注文住宅
陸屋根は危険!!

最近近所の住宅地に家が建ちだしたのですが、その殆どが2階部分にベランダや 中央に中庭があったり、陸屋根の部分を設けています。 最近の流行だと思うのですが、私からみればかなり危険な家です。 大工さんだと絶対にこういう家には住まないと思いますね。


不動産
明かりとりにはガラス瓦がおすすめ!!

お客さんの依頼でよく場所によって一番大事なリビング・ダイニングが 暗くなってしまったり、キッチンが暗くなったりということはよくあります。 私も仕事で廻りが建物で囲まれていたりした時には いくらいい部屋ができたとしても、やっぱり日当たりがいいというのが いい部屋の条件ではないでしょうか? 特にみんなが集う部屋はそうありたいものですね!


屋根
まさかガルバリウムの屋根で雨漏り

この話は名前はあげれませんが、大手ハウスメーカーが建てた ガルバリウム鋼板の屋根から1年もせずに雨漏りが発生した 話をお伝えします。 最近ここ何年かの間に急激に普及してきているガルバリウム鋼板 屋根や外壁の材料としてよく使用されてきています。


注文住宅
モデルルームを購入する時の注意するところ

皆さん家を購入する際いろいろモデルルームへでかけませんか? 私も4年前に家を購入したのですが、その前近所のモデルルームは休みの たびに見学にいっていました。 いろいろなものがあって見学していて楽しかったですね! いろいろまわっていて思ったのですが、モデルルームは基本的に



次のページは「土地活用無料一括査定」

注文住宅


カテゴリー

欠陥事例(13)
不動産(2)
土地関連(4)
基礎関連(7)
屋根関連(8)
外壁関連(6)
雨漏り(5)
家の建て方(2)
家の購入(8)
家の売却(3)
土地の活用(2)
内壁(1)
コラム(10)
その他(3)

メニュー

トップページ
プロフィール
はじめに
お問い合わせ
売却ランキング
購入一括査定
土地活用査定
大工の日記
土地の知識
地盤調査の種類
地盤改良の種類
基礎の種類
家の建て方
屋根の形
屋根材の種類
外壁の種類
基礎の欠陥
屋根の欠陥
外壁の欠陥
動画の館




                                                                              




Copyright © 2015 大工が教える不動産の選び方と失敗しない家作り All rights reserved.
by kazun